キャッシングの在籍確認は拒否しないようにする

キャッシングの審査時に皆さんがよく気にするのは通勤先への在席確認です。金融機関が会社へ電話連絡をするためもし自分がお金を借りようとしていることが知られたらと考えるためです。
しかしこの行為が実は審査に通らなくしている要因になっているのです。


嘘をついているのではと疑われる

何故在籍確認を行うのかというと本当に書かれた住所にその会社が存在し、本当に申し込んだ人間がその会社に在籍をしているのかという念押しのための確認をするためです。本当は収入がないのに収入があると偽るため嘘の会社を作り出す方も世の中にはいるため、騙されないように処置をしているのです。
しかしそこで契約の際に在籍確認は困ると言ってしまうと、嘘の会社なのではないかと疑われてしまう可能性が出て来ます。


キャッシングは会社には知られずに行うことが出来る

会社に知られるのが怖いと在籍確認を拒否したい気持ちになるのはよくわかりますが、在籍確認では金融機関の名前を言う訳ではなくただ「Aさんはお手付きでしょうか」などと営業のような口調で電話をして来ます。当然電話を受けた側はAさんが本当に在籍しているのであればそのままいると答えますし、もし在籍していなければ弊社にはそのような名前の者はおりませんと答えます。このたった1分足らずの問答で在籍確認は完了するのです。

キャッシングの審査時における在籍確認はスムーズに運ぶよう怖がらず挑むようにしましょう。