銀行のキャッシングの審査って厳しいんですか?

銀行カードローンは、低金利で利息を押さえられる上に借り入れ金額の上限が高いので人気を集めているものです。
しかしその使い勝手のよさゆえに審査になかなか通らないというケースもあるようです。
でも、ポイントさえ押さえれば通ることはできますよ。
今回はそのポイントを紹介します。


◆銀行のキャッシングを突破するには高い信用を得ることが必要

キャッシングを突破するにはとりあえず3つのチェックポイントを押さえておけば大丈夫です。
チェックポイントというのは、借り入れ件数、キャッシング履歴、勤続状況です。
借り入れ件数の数によって他社からあなたがどれだけ信用されているかがわかりますし、キャッシング履歴によってあなたがきちんと借り入れ金を返済できる人物かが確かめられますし、勤続状況でお金を返せる余裕があるかどうかを知ることができます。
ちなみに件数は少ない方が良く、履歴には事故や延滞がない方が好ましくて、年収が多く勤続年数が長い方が信用されます。
いろいろな点であなたのことはチェックされているので、気をつけてくださいね。


◆そこの口座を作る必要があるのかどうかも大事になる

また、銀行でお金を借りる場合、口座が必要になることがあります。
借り入れたお金の振り込み先が必要になるので、持っていない人は作成が必要になるのです。
作成するとなると半日くらいかかりますし、そうなると即日キャッシングを狙っていた人はその日のうちにお金を借りられなくなってしまいますのでご注意ください。
急いでいるなら普段使っている銀行で借り入れるか、口座の作成が不要となるところを選ぶといいでしょう。

キャッシングの申込みには誠意が必要

キャッシングの審査に落ちる方は自分が何故通らなかったのかわからないと言いますが実はミスをしていることがあるのです。申込みの際にはあまり意識をすることがないのですが誤字脱字によって審査に通らないというのはとても当たり前のことなのです。


申込みの際には記入ミスをしないこと

普段使っている自分の住所や電話番号を間違えることはないと思っている方は沢山いらっしゃいますが実際は入力ミスがとても多いのです。ただパソコンに文字を入力していてもきちんとチェックしなければ誤字や脱字が見つかってしまいます。無人契約機でもインターネット上でもあまり字が大きくないためお年を召した方の入力や機械に弱い方は入力のミスがとても目立ちます。


キャッシングは信用が一番重要視される

たかが誤字脱字ですが侮ってはいけません。大したことないと思いますが自分の情報をきちんと入力出来ないまたはその間違いに気づかないという場合は信用出来ないにイコールで結ばれてしまうのです。入力した情報を再度確認しないという点や責任感が足りないという部分で信用性が低いと思われ、キャッシングの審査に通らなくなってしまいます。

文字が小さいので画面を見ての操作は難しいという方や機械の操作が苦手であるという方は、電話だけで申込みをすることが出来る金融機関のサービスを利用しましょう。ミスがあると本当は受かるはずだったものも受からなくなってしまうので注意してください。

キャッシングの在籍確認は拒否しないようにする

キャッシングの審査時に皆さんがよく気にするのは通勤先への在席確認です。金融機関が会社へ電話連絡をするためもし自分がお金を借りようとしていることが知られたらと考えるためです。
しかしこの行為が実は審査に通らなくしている要因になっているのです。


嘘をついているのではと疑われる

何故在籍確認を行うのかというと本当に書かれた住所にその会社が存在し、本当に申し込んだ人間がその会社に在籍をしているのかという念押しのための確認をするためです。本当は収入がないのに収入があると偽るため嘘の会社を作り出す方も世の中にはいるため、騙されないように処置をしているのです。
しかしそこで契約の際に在籍確認は困ると言ってしまうと、嘘の会社なのではないかと疑われてしまう可能性が出て来ます。


キャッシングは会社には知られずに行うことが出来る

会社に知られるのが怖いと在籍確認を拒否したい気持ちになるのはよくわかりますが、在籍確認では金融機関の名前を言う訳ではなくただ「Aさんはお手付きでしょうか」などと営業のような口調で電話をして来ます。当然電話を受けた側はAさんが本当に在籍しているのであればそのままいると答えますし、もし在籍していなければ弊社にはそのような名前の者はおりませんと答えます。このたった1分足らずの問答で在籍確認は完了するのです。

キャッシングの審査時における在籍確認はスムーズに運ぶよう怖がらず挑むようにしましょう。

キャッシングは最初限度額いっぱい申請しないようにする

実は皆さん気づかずにキャッシングの審査に自分を通り辛くしています。ここではそんな申込みの際に気を付けておきたい方法についてご紹介致します。


キャッシングの申込み時に注意することとは

キャッシングの審査を受ける際には融資を受ける限度額を設定しますが、その限度額をめいっぱい設定してしまうととてもお金がない人なのかと勘違いをされてしまう可能性があります。個人の信用情報もそうですが複数の金融機関に借入申請を行うことでとにかくお金が欲しいというイメージが書き加えられます。
そんなにお金に困るまでお金の管理がきちんと出来てなかったのかと、これからきちんと返済をすることが出来るのかという疑問を抱かせてしまうのです。


限度額よりも少し低めの融資額を申請する

カードローンは高額でキャッシングは少額というイメージがありますが最近はキャッシングの融資額も高くなってきており、いざとう時にお金がないと困るという理由で限度額いっぱいの申請をする方が多くいます。しかしそれだとお金に困っているという印象を与えてしまうためおすすめ出来ません。
金融機関の審査にしっかり通るように自分が融資を受けたい金額より多めの融資をしてくれる金融機関を選ぶようにしましょう。

キャッシングは口コミを駆使して契約する先を選択する

金融機関にも色々なサービスがありますがまず審査に通らなければそのサービスも受けることは出来ません。そこで今回はキャッシングの審査になかなか通らなくて困っているという方におすすめの口コミを利用した金融機関の選定についてご紹介致します。


自分が受かりやすい金融機関を見つけ出す

金融機関でキャッシングの申込みをして見事契約をするためには、まず自分が通りやすい金融機関を選び出す必要があります。まずは自分が今固定の収入を貰っているのかどうか・年収はいくらなのか・家族構成はどうなのかなど自分の環境をきちんと把握するため紙に書き出します。そしてその条件の方を歓迎している金融機関の口コミを見ます。口コミは利用した人の生の声が記載されているため、実際に申込みをしてその条件のもとしっかり契約が出来たのかなど細かな情報をもらうことが出来るのです。


キャッシングサービスには様々な条件がある

突然お金が必要になった時にとても便利なキャッシングには申込みの際に条件があります。それは金融機関によって様々で基本的には収入があって満20~70歳前後の方であれば借りられるとありますが、中には収入がない方でも申し込めるというところもあります。

自分の環境に合った条件を提示している金融機関を選択するということは、どんな人でもOKですというところを選ぶということではありません。自分に収入があるのであればそれを前提にしている金融機関の方が安心なのです。